Customer Story

3
ノート

退塾率を大幅改善した、チューター教育とは?ALCSのスタプラ活用術(後編)Customer Story #7|学習塾ALCS

※この記事は、「2種類のコミュニケーションポイントで通塾率をUP。ALCSのスタプラ活用術(前編)Customer Story #6」の続編です。

ーー2018年に実装されたスタッフボードはどのようにご利用いただいていますか?

校舎運営のプラットフォームとして、重要事項の全体共有や、日報の提出をしています。
「この子たち入ったからよろしくねー」「このPOPを書いておいてね」「今こんなことをして

もっとみる

2種類のコミュニケーションポイントで通塾率をUP。ALCSのスタプラ活用術(前編)Customer Story #6|学習塾ALCS

「みんなが前向きに成長できる場所」
そんなスローガンのもと、生徒の「自己実現力」を育成する学習塾ALCS。Studyplus for Schoolの立ち上げ期から、独自の学習管理方法と組み合わせてご活用いただいております。

前編・後編に渡り、生徒とのコミュニケーションをどのように設計しているのか、Studyplus for Schoolをどのように使っているのか、ALCS代表 小川武志氏にお話を

もっとみる

計画をたて、振り返りをする。MUGENチューターが語る、生徒を前向きにする塾の仕組みとは? Customer Story#5|ハイスクールMUGEN

鹿児島市内で「進学塾MUGEN」を6校舎、「ハイスクールMUGEN」を1校舎展開する株式会社夢現。エネルギー溢れる社員の姿勢と、承認することで生徒の自立をサポートするスタイルが、塾業界から注目をあび続けています。生徒との絶妙な距離感はどのようにして作っているのでしょうか。

ハイスクールMUGEN 鹿児島中央駅前校で校舎責任者を務める竹之内彩花先生にお話を伺いました。

<過去記事>
MUGEN小

もっとみる