見出し画像

4/15より「Studyplus for School」とデータベース型デジタル教材「eトレ」のデータ連携が開始しました🎉✨

いつもStudyplus for Schoolをご活用いただきありがとうございます!

この度4月15日より、「Studyplus for School」と教育開発出版が運営するデータベース型デジタル教材「eトレ」のデータ連携が開始いたしました!


◆データ連携概要

 今回の「eトレ」との連携によって、生徒の「eトレ」「eトレLink」での学習記録が「Studyplus for School」に自動連携されるようになり、「eトレ」を導入する塾や学校の先生の学習管理業務の負担が軽減されるとともに、オンラインでの指導やコミュニケーションをより効果的に実現できるようになります。

また、生徒が学習管理SNS「Studyplus」を用いて学習進捗を記録することにより、先生は自宅学習を含む生徒の学習状況を容易に把握することができ、生徒の学習計画の達成状況の管理や、計画へアドバイス・修正なども、オンラインで出来るようになります。

連携のご紹介


◆ Studyplus for School無償版活用のお申し込み

すでに「eトレ」を導入されており、Studyplus for Schoolとのデータ連携・無償版の活用を試したみたいという方は、eトレのアップデートが必要になります(5月中旬までに活用開始の場合)。

以下のURLよりお申し込みを行ってください!
http://e-tr.jp/form/studyplus-for-school/

<活用開始までの手順>

①お申し込みフォーム入力
上記のURL「Studyplus for School連携のお申し込み」より、必要事項をご入力いただき、送信してください。

②連携プログラムをインストール
eサポートより、連携するためのプログラムを自動返信メールにてご案内いたします。メールの案内に沿って、インストールしてください。

③利用開始
ご利用のeトレとStudyplus for Schoolの連携が開始できるようになります。メールに添付された動画にて、詳細をご確認ください。


◆ eトレ 概要

「eトレ」は、パソコンやタブレットの中に、最大で100万題の問題を収録し、生徒一人ひとりの学習状況に応じてプリント学習を進められる演習ツールです。全国の学習塾や予備校、学校など7000以上の教室に導入され、効果的な演習を行うことで生徒の学力定着をサポートしています。

「eトレ」のプリント1枚にかかる時間は10分程度とさくさく進むボリュームで、「解く → 答え合わせ → 間違いの確認」を短い時間で繰り返す、スモールステップの学習スタイルでやる気が続きます。単元ごとに解説から練習、確認テストへと進んでいく構成で作られており、得点に応じて自動的にプリントが選択されます。

このような学習システムにより効率的に理解を深め、生徒の自立的な学習を実現しています。

eトレHP:http://e-tr.jp/
学習支援といえば?(「Studyplus!」)
1
学習管理プラットフォーム『Studyplus for School』の公式noteです。教育業界で働くみなさまに役立つ情報を発信していきます。お問い合わせ等はこちらのフォーム(https://studyplus.activehosted.com/f/1)までお願いいたします。