見出し画像

部活と勉強の両立を支えたのはアプリと友達の存在。ALCS生徒が語る学習管理のコツ。 Customer Story#10|学習塾ALCS

「みんなが前向きに成長できる場所」
そんなスローガンのもと、生徒の「自己実現力」を育成する学習塾ALCS。Studyplus for Schoolの立ち上げ期から、独自の学習管理方法と組み合わせてご活用いただいております。
今回はALCSに通っている高校3年生のMさんにお話をお聞きしました。

画像1

ーーStudyplusを使い始めたきっかけを教えてください。

ALCSに入塾したことがきっかけです。「学習管理のためにツールと提携しているから、記録してね」という指導があったので、これを機に使おうと思ったんです。

入塾する前から、友達の口コミでStudyplusの存在自体は知っていました。その友達は中3の受験のときから仲良くしていて、「結構いいよー」と紹介してくれたんです。でも私はチアリーディングの部活動が大変で勉強する時間をなかなか確保できていなかったため、使っていませんでした。そんな部活も、昨日の大会で引退しました!3位に入賞したんですよ。

ーーお疲れさまでした!じゃあここから受験ですね。塾に入ったのはいつ?

高校2年生の6月くらいでした。もうすぐ1年が経ちます!でも毎日部活に明け暮れていたので、あまり塾にこれていなかったんですよね。

ーーでもALCSの小川先生からは、MさんはStudyplusの記録をしっかりつけていらっしゃると伺っていますよ。

できる限りの記録はしていました。友達の影響が大きいですね。Studyplusを紹介してくれた友達が現在もStudyplusを使用していて。違う塾に通っているのですが、タイムラインで学習の様子が見えるので、負けていられないなと思わされます。その子は同じような進路を目指してるので、一緒に頑張ろうと声を掛けあうライバル的な存在です。

ーー仲間がいるのは素敵ですね!Studyplusに記録を始める前の印象はどうでしたか?

そもそも家に帰ったとたんに寝てしまう生活を送っていたので、記録どころか勉強すらしていなかったんです。学習時間が少ないのに、記録していても意味ないんじゃないかなと思ってあまりつけていませんでした。でも高校3年生になり、「受験勉強やらなきゃっ!」という意識が強まってきたので、Studyplusもつけるようにしましたね。

記録さえしていれば前の日に学習した時間やテキスト量がわかるため、「今日はちょっと少なかったな」ということに気づけます。学習時間のグラフがへこんでいると、ちょっと罪悪感を感じますよね。

そういうときは1〜2時間程度学習時間を伸ばすようにしています。

ーー自分で学習時間を決め、一定量に保とうとしてるんですね。すごい。勉強のタイミングは、部活が終わってからが多いですか?

そうですね。部活が終わると夜7時なので、そこから3時間くらい勉強したいなと思ってるんですけど、やっぱり平日はそんなにできないですね……。土日も部活です。部活と勉強の両立は、一番しんどかったです。

最近は、全く勉強をしていない日があると罪悪感を感じるようになってしまったので、起きているときは部活か勉強かどちらかをしています。

画像2

ーー他には、Studyplusの記録をつけて良かったことはありますか?

科目バランスが見れることですね。私は文系なのですが、国語と英語と日本史をバランスよく勉強できているかが気になります。Studyplusを見れば、「最近日本史が足りないな」というように気づけたりします。

通知機能も好きです。「センターまであと何日」「1週間の目標達成まで何時間」という通知がくると、ハッとします(笑)

ーー使ってみてとてもフィットしたようで、嬉しいです。

私、もともと手帳が嫌いなんですよね。スマホのほうが楽だから。それに手帳はグラフを出してくれません。グラフを見ると意外なことに気づけます。私は英語が嫌いなので、無意識に英語を避けてしまっていたんです。グラフをみてそのことに気づき、英語の学習量を増やしたりということができます。

ーー嫌いな科目を勉強するきっかけになってるんですね。

テキストを並べる本棚機能も便利ですね。例えば英語のテキストを一番上にしておけば、「嫌いだけどやらなきゃ!」と思わされるので、英語のテキストは一番上にしてあります。

ーーそういう使い方もありますね!他に自分なりの工夫をしていたりしますか?

友達登録機能の使い方を、途中で見直したことがありました。リアルな友達の勉強時間を知りたいので、志望校が同じだけで面識のない子はすべて削除しましたね。
学校の友達が何時間やってるとかと、目標が一緒の友達を分けられるといいなと思います。

学校の友達は、テスト前に切磋琢磨する相手として最高なんですよね。「同じ学校の子がなにやってる。私もやらなきゃやばい!」と思えるからです。
同じ志望校の子のタイムラインは、長期的な受験への道のりを考えたときにモチベーションをあげるための役割を果たしてくれるかなって。

ーーちょっと脱線しちゃいますが、勉強時間ランキングのページを知っていますか?大学別に、勉強時間の上位者がわかるんです。

ライバルの1週間の動向がわかるんですね!いいですね!
これからもライバルを意識しつつ、自分との戦いに挑んで行きたいと思います!

ーー応援してます!ありがとうございました!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

学習支援といえば?(「Studyplus!」)
2

Studyplus for School

学習塾のコミュニケーションを変える。わたしたちは、生徒の学習状況を可視化し、褒める機会を最大化します。 https://for-school.studyplus.co.jp/ https://www.facebook.com/Studyplus.for.School/

Customer Story

Studyplus for Schoolを導入されているお客様の事例をご紹介します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。