見出し画像

「可視化の徹底。生徒が主体的になれる取り組みを行うとある塾の工夫をご紹介します。」今週の学び#240

Studyplus for Schoolのメンバーが、学習管理、自立学習、コミュニケーションに関する事例や気づきをTwitterで毎日更新中!noteでは、1週間の活動をダイジェストで振り返ります。

月曜担当の池上がお送りします!

6月16日

本日(6/22)「EDX EXPO」にて、学習システム「ビットキャンパスタッチプラス10」のご紹介と指導実践例の発表を、株式会社ティエラコム藤好様と宮崎教室 宮崎先生に行っていただきました。小4~中3の学習範囲について理解度チェックができる「ビットキャンパスタッチプラス10」について教えていただき、私自身データ連携が楽しみになりました!

6月17日

同じく「EDX EXPO」に先週ご登壇いただいた翔優館の秋間先生にお伺いいたしました。実は別の先生から「プランニング」についてご質問をいただいており、それを秋間先生にご質問させていただいた次第です。Studyplusはカレンダー機能をご用意しておりません(これには様々理由がありますが…)が、秋間先生はGoogleカレンダーと上手く併用されています。どうしたら生徒に「受け身」ではなく「主体的」に取り組んでもらえるかをテーマに、試行錯誤しながら今はこの形を試されているそうです!

・ ・ ・

先週よりEDX EPOが開催されました。ご登壇いただいた先生方には、オンライン指導における取り組みなどについてお話いただきました!ご紹介した翔優館さんには、生徒さん自身が勉強時間や不足分などを洗い出し、計画を立てるといった主体性があっての指導法を同イベントにてご紹介いただきました。目標合計時間だけでなく各教科における勉強時間や勉強内容など細部にまで計画を立てることを普段から行うことで、身についた主体性がより生徒さんの成長に繋がりそうですね!

引き続き、EDX EXPOを開催して参りますのでお気軽にご参加ください!

EDX EXPOに関する詳細はこちらから!
https://story.studyplus.co.jp/n/n69e7f297a8ca

CXプランナーメンバーは、お客様との関わりを通して、学習管理、自立学習、コミュニケーションに関するノウハウを日々蓄積しています。

Studyplus for Schoolメンバーによる学びを、引き続きお楽しみに。

Studyplus for Schoolはこちら。


学習支援といえば?(「Studyplus!」)
学習塾のコミュニケーションを変える。わたしたちは、生徒の学習状況を可視化し、褒める機会を最大化します。 https://for-school.studyplus.co.jp/ https://www.facebook.com/Studyplus.for.School/

こちらでもピックアップされています

今週の学び
今週の学び
  • 304本

CXプランナーの日々の学びを、月〜金まで毎日配信しています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。