見出し画像

「平均入力率が9割超え。生徒数500人でも高い入力率を維持するカギをお伺いました。」今週の学び#37

Studyplus for Schoolのメンバーが、学習管理、自立学習、コミュニケーションに関する事例や気づきをTwitterで毎日更新中!noteでは、1週間の活動をダイジェストで振り返ります。

木曜担当の杉本がお送りします!

5月13日

複数校舎を抱えている塾さまにご導入いただいた場合、全校舎のStudyplus for School運用状況を俯瞰し、把握されるリーダーのような方がいる塾さんは、たとえ校舎数が多くても全ての校舎でしっかり活用されている事例が多いと感じています。


下記の塾さんの場合も、代表自らがそのリーダーの役割をしていただいていることと、「毎週」という短いスパンで運用状況をPDCAを回されていると言うことが、全校舎で高い入力率を維持されている秘訣の一つかと思います!

5月14日

生徒さんに学習記録を習慣化してもらうために、各塾さん日々様々な工夫をされています。そういった事例を、私たちプランナーを通して他導入塾に共有するだけでなく、導入塾同士かなりオープンに情報共有されていることも多いのが、Studyplus for Schoolコミュニティの特徴かもしれません。

5月15日

Studyplus for Schoolを塾にご導入いただく利点の一つは、生徒さん側のツールがStudyplusであるということだと思っています!
Studyplusの詳しい使い方や機能については、こちらの記事をはじめ、ネットで検索していただくとたくさん出てきますので、生徒さんに読んでもらうのもおすすめです。

5月16日

アビリティさんはじめ、導入塾さんからお話をお伺いするといつも新しい学びがあります。こちらから情報を発信するだけでなく、導入塾さんからお話をお伺いする機会はとても貴重でありがたいお時間です。

5月17日

私は、2年前からリモートで仕事をさせてもらっているため、zoomやslack、HiCustomerなど様々なツールに助けられて仕事ができています。これらのツールのおかげで、いつもチームで仕事をしている安心感を持ちながら業務ができているのですが、Studyplus for Schoolも生徒さんにとって、先生といつでも繋がっていられる、そういった安心感(と適度な緊張感!)を与えられるサービスになるといいなぁと思います…!


カスタマーサクセスメンバーは、お客様との関わりを通して、学習管理、自立学習、コミュニケーションに関するノウハウを日々蓄積しています。
Studyplus for Schoolメンバーによる学びを、引き続きお楽しみに。

Studyplus for Schoolはこちら。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキ!ありがとうございます!!by宮坂
1

Studyplus for School

学習塾のコミュニケーションを変える。わたしたちは、生徒の学習状況を可視化し、褒める機会を最大化します。 https://for-school.studyplus.co.jp/ https://www.facebook.com/Studyplus.for.School/

今週の学び

CXプランナーの日々の学びを、月〜金まで毎日配信しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。