見出し画像

「退塾率を1~2%に維持。この驚異的な数字の背景には毎日の小さな取り組みがありました。」今週の学び#111

Studyplus for Schoolのメンバーが、学習管理、自立学習、コミュニケーションに関する事例や気づきをTwitterで毎日更新中!noteでは、1週間の活動をダイジェストで振り返ります。

水曜担当の角田がお送りします!

9月9日

先週、新しい機能がリリースされました!
これまで生徒さんごとにしか確認できなかった学習計画が、一覧で確認できるようになりました。
学習計画を立てているかどうかもチェックでき、進捗が悪いと進捗バーが黄色や赤色になるのですぐに異変を察知できます!
学習計画は、生徒さん自身でアプリ上で登録することができます。先生はガントチャートで進捗を確認し危険度の高い生徒さんに優先的に声かけができればいいなと思います・・・!ぜひご利用頂けると嬉しいです!

****************

生徒も講師も多く抱える個別指導形態の教室だと、教室長が生徒さんの細かい情報をきちんと吸い上げることが難しくなりますよね。
お伺いした教室では、毎日最後の授業が終了した後に講師とのミーティングがあり、細かく生徒さんの情報を共有しているそうです。


Studyplus for Schoolを導入してからは、そのミーティングの中でタイムラインを一緒に確認しその場でコメントやメッセージを送ったりしているそう!「退塾の兆しは必ず講師と生徒の会話の中にあるので、兆候をすぐにミーティングで把握できるのもメリット」とのこと。驚異的な退塾率の秘密のひとつなのだなと感じました!

9月13日

先週は平日ほとんど沖縄に滞在し、本島はもちろん離島も含め、導入塾さんにたくさんお伺いしてお話をお聞きしました。
沖縄ならではの教育的課題をたくさんお伺いしましたが、先生の想いのひとつに、「もっと外の世界を知って、繋がって、目標を持って欲しい」と言うものがありました。高校が島になかったり、周りに大学生が少なかったり、未来に具体的なイメージを持つことができない子どもたちがたくさんいるとおっしゃっていました。


Studyplusは全国の学生と繋がり、励まし合いながら勉強ができるサービスです。私たちのサービスで、遠く離れた誰かと繋がり、未来に具体的な興味関心をもち、目標を持ってくれたら嬉しいなと感じました。

大規模な生徒数を抱えているにも関わらず、ほぼ0に近い退塾率をキープされているとは驚きですね!この素晴らしい数字を支えている取り組みにStudyplus for Schoolを活用してくださってるのは大変嬉しいですし、私たちも新たな活用法として大変参考になります!また、先生方の細かい原因分析と対策法から私たちも学ぶことがまだまだたくさんありそうです!

CXプランナーメンバーは、お客様との関わりを通して、学習管理、自立学習、コミュニケーションに関するノウハウを日々蓄積しています。

Studyplus for Schoolメンバーによる学びを、引き続きお楽しみに。

Studyplus for Schoolはこちら。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

EdTechといえば?(「Studyplus!」)

Studyplus for School

学習塾のコミュニケーションを変える。わたしたちは、生徒の学習状況を可視化し、褒める機会を最大化します。 https://for-school.studyplus.co.jp/ https://www.facebook.com/Studyplus.for.School/

今週の学び

CXプランナーの日々の学びを、月〜金まで毎日配信しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。