見出し画像

Studyplus for Schoolの日々の開発についてをお伝えする新マガジン「Studyplus for Schoolプロダクト通信」が始まります!

いつもStudyplus for Schoolをご活用いただきありがとうございます。Studyplus for Schoolのエンジニアをしております、石上です。

本日からこのnoteで、Studyplus for Schoolプロダクト通信というマガジンが始まります!まず、今回の投稿ではこのマガジンについて簡単に紹介させてください。

Studyplus for Schoolプロダクト通信について

これまでも機能リリースなどについてはRelease Informationという形でお知らせしてきました。
このマガジンでは、これまでそちらに載せてこなかったような日々のプロダクト開発での取り組みや、細かい不具合の修正報告などをお伝えしていけたらと思います。

画像1

日々のプロダクト開発について

Studyplus for Schoolの開発には新機能の開発もあれば、小さな改善もあります。お客様の要望に答える新機能はもちろんですが、実は小さな改善も安定したサービスの提供のためには必要になっています。

小さな改善も含め、我々開発チームがどういった取り組みをしているのかをご紹介し、より安心してStudyplus for Schoolを使っていただけるようにするのが、このマガジンの目的の一つです。

不具合修正報告について

日々ご担当CXプランナーを通じて、Studyplus for Schoolの不具合報告や改善要望を頂いています。そういった不具合の修正や改善を行った場合、報告をいただいたお客様へは直接担当CSからご連絡を差し上げています。

しかしそういった報告は大々的にするわけではないので、ほかのお客様には伝わっていないのが現状です。これまでに、いつの間にか使いづらい部分が直っていた、と気づかれたお客様もいらっしゃるかと思います。

そこで、ご報告をくださったお客様以外にも影響があるような改善や修正についてはこのマガジンで逐一伝えていくのが、このマガジンのもう一つの目的になります。

というわけで、このマガジンの次回の投稿からは、上記のような内容で記事を公開していく予定です。

プロダクト開発に日々取り組む裏側を知っていただく場として発信していきますので、ご興味のある方は仕事の合間にでも読んでいただけると幸いです!

Studyplus for Schoolについてのお問い合わせはこちら


スキ!ありがとうございます!!by宮坂
5
学習管理プラットフォーム『Studyplus for School』の公式noteです。教育業界で働くみなさまに役立つ情報を発信していきます。お問い合わせ等はこちらのフォーム(https://studyplus.activehosted.com/f/1)までお願いいたします。