見出し画像

計画をたて、振り返りをする。MUGENチューターが語る、生徒を前向きにする塾の仕組みとは? Customer Story#5|ハイスクールMUGEN

鹿児島市内で「進学塾MUGEN」を6校舎、「ハイスクールMUGEN」を1校舎展開する株式会社夢現。エネルギー溢れる社員の姿勢と、承認することで生徒の自立をサポートするスタイルが、塾業界から注目をあび続けています。生徒との絶妙な距離感はどのようにして作っているのでしょうか。

ハイスクールMUGEN 鹿児島中央駅前校で校舎責任者を務める竹之内彩花先生にお話を伺いました。

<過去記事>
MUGEN小牧代表のインタビューはコチラ

画像1

ーーMUGENさんは、生徒さんとのコミュニケーションをかなり活発に行っていらっしゃいますよね。どんな仕組みで運営しているんですか?

ハイスクールMUGENの仕組みとして、生徒が塾にきたらまずは受付にいってチューターと目標を確認するということをルール化しています。帰るときにも、実際の結果を報告し、先生のハンコをもらうなど、必ず直接触れ合ってから帰宅してもらうようにしています。

どれくらい進んだのか、実際にどんなことをしたのかを聞いて、その内容に対して承認してあげつつ、「また次頑張っておいでね」と励ましの言葉もかけています。できてなかったことについては、次の1週間どんな風に過ごすかを約束事をして、「じゃあ頑張ろう!」という励ましで締めています。

また、毎週月曜日には学習計画の設定を生徒全員にお願いしています。以下のようなシートを配布し、学習のPDCAが回せるように導いているんです。学習の仕方というよりは、カレンダーを元にスケジュールを決めていくイメージです。塾にきた時や帰る時に見せてもらうようにしているので、記入を促せます。記録を忘れてしまいがちな生徒には必ず「今日付けた?」と声をかけているんです。記入内容がざっくりしている生徒には、「具体的にはどんなことを頑張ったの?」と聞いています。

画像2

ーーなるほど。チュータリングって、どういうことをするんですか?

10~20分くらいで学習状況のチェックをしています。話す内容は、先週の振り返りと、これからの1週間どんなことをするかです。

面談の前と最中にはStudyplus for Schoolを活用しています。先週の学習時間だけではなく、1ヶ月前と比べての学習時間を比較したりもできるのがいいですよね。グラフを生徒に見せると、「先月より今月頑張れてるんだ!」と思ってもらえるので、モチベーションアップにも繋がっていると思います。

ーー先生にとっても生徒にとっても、学習時間の推移は頑張りを可視化できるのでいいですよね。面談の前には、カルテのチェックもしてますか?

カルテは見るようにしています。タイムラインやカルテ機能があることによって、担任でない先生も生徒の現状を理解し、だれでも面談の対応ができることにメリットを感じていますね。

チュータリングは生徒ごとに曜日を決めているので、担当する先生は基本的には一緒なのですが、生徒が休んだりした関係で違う先生に見てもらうケースがあります。そういう時はカルテとかタイムラインを見たうえで別の先生が面談を担当します。

ーーなるほど!生徒さん方の記録状況は、いかがですか?

記録を順調にできる子、できない子はいますよね。記録漏れがある生徒を見ていると、自分で振り返ることが苦手なのかなという印象があります。立てた計画通りに学習を進められなかった生徒の場合は、学習にかかる時間の見積りが甘かったんじゃないかという印象があります。宿題にこのぐらい時間がかかると思ってたのが、本当だともっと時間がかかってしまって、プラスの勉強できなかったりとかですね。

ーー生徒さんの入力を促進するために、どんな取り組みをされていますか?

先生側から積極的に承認の言葉をかけるようにしています。励ましのメッセージや勉強記録に対してコメントを送るなど働きかけています。特に土日は記録してくれる生徒が減っちゃうんですけど、「記録してくれると先生たちもアドバイスできるよ」と必要性を伝えるようにしています。

画像3

ーーチュータリングで大事にされていることはありますか?

一番意識してることは、チュータリングが終わった時に生徒が前向きになっている状態にすることです。Studyplusに記録を付けれていなかった生徒がいたとしても、原因を探りつつ、アクションに繋がる言葉をかけてあげるようにしています。次の1週間頑張ろうって思ってもらえたらいいですよね。

ーーなるほど。その中でStudyplusって、どんな役割を担えているでしょうか。

記録することがモチベーションになってる生徒はすごくたくさんいます。生徒自ら先週の学習状況を見て、「今週このままじゃ少ない!」と気づいていくれるような場面もありますよ。勉強記録が可視化されることによって、自分の現状を俯瞰的に見ることができ、意識が変わっていくのだと思います。

ーー生徒さんが自分から学習への姿勢を変えていってるということですね!

そうですね。勉強記録が可視化されたことで先生からの声かけの内容も変わり、頑張りを承認してあげられる機会も増えたように思います。最近だと、英語が苦手な生徒がポンと英語をやってきたりしたときに、スタプラのタイムラインを見て、「英語、取り組んでくれたんだね」っていう声かけができたり。生徒からの報告がなくても、承認ポイントを見つけられるのには助かっています。

ーーあえてオンラインでコメントせずに教室で声をかけるというのはいいですね。ほかにはどのように活用していますか?

保護者の方とのコミュニケーションツールとしても重宝しています。学習状況の画面をお見せしたところ「こんなに勉強頑張れてるんですね」っていう声をもらえたり。これが退塾阻止に繋がっている可能性はありますよね。

「本当にやってるのか不安」と感じてしまう保護者さんもいらっしゃる中、学習状況の変化をお見せすることで、安心感を得てもらえるのかなと思います。トータルの勉強時間はもちろんなんですけど、苦手な科目に対してどのように取り組んでいるかもお見せできるので、保護者面談でも使いやすいなと思います。「うちの子は英語ばかりして〜」などぱっと見の印象で子どもを判断してしまいますが、意図のある計画のもと、頑張っていることを塾から保護者へ伝えられるので、喜んでいただけています。

画像4

ーー大学生チューターにはどんな指導をしているんですか?

良い事も悪い事も生徒に愛情を持って指導しようと言っています。MUGENではチューターの研修があるのですが、勉強の指導よりも心の部分、生徒に寄り添うことを重視しています。一日の業務を終えたチューターには、今日気になったこと、嬉しかったことなどをヒヤリングしています。「この子がこの教科で困ってたんですよね」などの相談がある場合は、それが得意な先生と連携するというやりとりが発生したりしています。

ーー塾の先生、特に高校生を指導したことのない方からは、「計画を立てることが難しい」というお声をいただくのですが、どうされてますか?

毎週月曜日に生徒全員に学習計画をたててもらっているのですが、それを徹底して行なっています。塾側から計画を与えるのではなく、まず生徒自身が立てるんです。それを元に講師と話し合いながら修正を加える場合もあります。

ーー学年関係なくその習慣が基盤になっているんですね。

チュータリングする時は学習計画が実際にどれぐらい遂行できてるかを見ています。チュータリングと計画を分けてるのは特徴かもしれませんね。細かい時間などの計画を立てるのは月曜日。チュータリングでは、1週間の振り返りと次の1週間の定性的な目標を立て、具体的な学習方法をアドバイスするイメージです。

ーー塾が計画の立て方をサポートできているのは少ないのですが、それが仕組みかできているのですね。しかも生徒と向き合うことを第一に考え、仕組み化されているのがすごいなと思いました。素敵なお話をありがとうございました!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

学習支援といえば?(「Studyplus!」)

Studyplus for School

学習塾のコミュニケーションを変える。わたしたちは、生徒の学習状況を可視化し、褒める機会を最大化します。 https://for-school.studyplus.co.jp/ https://www.facebook.com/Studyplus.for.School/

Customer Story

Studyplus for Schoolを導入されているお客様の事例をご紹介します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。