見出し画像

ティーチングからコーチングにシフトし生徒の勉強時間を増やす|東セミ / 株式会社熱き情熱コーポレーション【Studyplus for School Award 2020】

Studyplus for School Award 2020とは、少子化・採用難・地域格差という社会課題が広がる中で、未来の教育の在り方・先生の新しい働き方に果敢に挑戦する教育機関を表彰するものです。当初は、授賞式や受賞者によるプレゼンテーションを含むイベント開催を予定しておりましたが、新型コロナウイルスの影響を受け延期しておりました。

現在も予断を許さない状況を踏まえ、この度オンライン配信で受賞者によるプレゼンテーションの開催が決定いたしました。その模様をnoteでもお伝えしていきます。今回ご紹介するのは、高校生個別指導部門で受賞された、宮崎・大分県の東セミ / 株式会社熱き情熱コーポレーションの吉永先生の回です。
東セミ / 株式会社熱き情熱コーポレーションのHPはこちら

03_0713東セミ_紹介資料-3

高校生の募集を始めてぶつかった壁

20200713東セミ吉永先生Award登壇資料-02

東大セミナーを運営している株式会社熱き情熱コーポレーションの吉永です。当塾は35周年を迎える老舗の塾で、地域密着型の教室です。教室は宮崎県にあり、小中学生と高校生が通っており、高校生の通塾頻度は平均週4日程度です。そのうち1日は面談をする日になっています。

高校生が通うのは、水曜、木曜、土曜の夜8時です。同じ曜日、時間に集めることで、集団的なモチベーションを上げるようにしています。どうしても小中学生の中でやると違和感があるので、ここは高校生の時間ということにして、みんなで一斉に頑張るという形です。

今回、当塾は高校生部門個別指導部門で受賞させていただきましたが、初めのうちは課題もありました。これは他塾さんでもいえることだと思いますが、小中学生向けに運営している塾が高校生も始めようとするとき、重荷に感じることがあります。

高校生とは小中学生とは違う独特のコミュニケーションが必要で、何を話していいかわからないと思っていたのです。小中学生相手ならすごく盛り上がって話せる先生も、高校生相手にはどうしたらいいかわからなくなって、結果として辞めてしまうという負の循環がありました。

そこで、新しくツールを導入することにしました。もともと新しいものに対して身構えてしまうタイプなのですが、Studyplus for Schoolに関してはすぐに「これだ!」と思えたんです。

Studyplus導入のメリットと面談の工夫

20200713東セミ吉永先生Award登壇資料-06

実際にStudyplus for Schoolを導入してみて、色々な活用ができるようになりました。その一つ目は、生徒への的確なアドバイスです。導入前は生徒の状況が気になっても、それを知るためには「昨日どうだった?」「一昨日どうだった?」と生徒に聞くしかありませんでした。しかしStudyplus for Schoolなら画面を見るだけである程度把握できます。

すると生徒の状況がわかって、一人ひとりに対してメッセージを送れるようになりました。生徒と接点を持つ機会が増え、退会率も下がりました。
20200713東セミ吉永先生Award登壇資料-07

Studyplus for School導入後は、生徒に日常学習の習慣がつきました。これは2020年6月のデータですが、生徒たちがきちんと入力してくれています。話を聞くと、日記感覚で付けてくれるようです。


20200713東セミ吉永先生Award登壇資料-08

また、受験コンパスと併用しています。これにより週1回の面談をする時、受験コンパスの進捗を確認しながら話せるようになりました。実は高校生の生徒数が増える中で、専任講師と社員だけでは回らなくなった時期があったのです。そこでアルバイト講師にもお願いするべきが悩みました。

その時、Studyplus for Schoolがあればある程度の指導・研修でできるようになるのではないかと思いました。実験的にやってみたらこれが上手くいって、本当によかったです。教室運営上、面談をアルバイト講師にも振れるようになったことはすごく大きなプラスでした。

生徒との毎週の面談は50分あるのですが、Studyplus for Schoolをしっかり使っています。何をどのくらいやったかカラフルな棒グラフで表示されるので、一目見て「ここをあとこのくらいやらないと」と具体的に指示できます。面談ではプランニング機能を使い計画の登録もしています。

稀に、どうしてもICTが合わない生徒もいてその場合は個別で授業をするのですが、そういう生徒も面談ではStudyplusを活用しています。

面談時に心掛けているのは、「今日面談を受けてよかったな」と楽しく明るい気持ちになってもらうことです。悪いところばかり突かれると滅入ってしまうものです。だから記録がついていなくても単に叱るのではなく、何で付けられなかったか理由を聞いてあげます。どんな面談であれ、明るい気持ちになって「まだやれるかもしれない」と思わせるようしています。

S-1グランプリは私も生徒も楽しみにしていて、「鹿児島のあの塾に負けたくない!」 と意気込んでおり、熱意を持って取り組めます。

メッセージ機能があるのも利点で、テスト前に重点的に鍛えたい生徒に送って、自習に来るよう直接呼びかけられます。他には休み連絡・振替日時といった業務連絡にも便利です。それに、生徒から直接話しにくいことも相談してくれます。

ティーチングからコーチングにシフト

このようにStudyplus for Schoolには色々なメリットはあるのですが、なかなか記録をつけてくれない生徒もいます。そういう時はメッセージを送るのが一番です。3日の学習時間が2時間を切った生徒がいたらアラートが来るように設定しているので、そういう生徒にはしつこいくらい「入力しなさいね」と言い続けています。

生徒が記録をつけないのには、本当に付けるのがめんどくさいパターンと、たまたま忘れてしまったパターンの2種類があります。それをしっかり分類して、メッセージを送ったり塾に来たときに声掛けしたりしています。

また、保護者面談で記録を見せるのも効果的です。記録がついていないと「全然やってない!」とびっくりされるので、そこで保護者にも協力していただいて、「記録付けたね?」と声掛けしてもらうこともあります。
20200713東セミ吉永先生Award登壇資料-11

Studyplus for Schoolを導入して、強く思ったことがあります。それは、生徒に教えること自体はあまり重要なのではないか、ということです。成績がものすごく上がった生徒や現役で合格できた生徒はいますが、それは私が質問に答えたから達成できたことではないと思います。

そうではなく、毎日のデータをチェックして、生徒に「いつまでにどの教材をやりなさい」と指示することの方が重要です。その指示を信じてくれる生徒であれば、きちんと実践して成績がしっかり伸びていっています。ここは、Studyplusへの記入率にも比例してるところです。
20200713東セミ吉永先生Award登壇資料-12

では、実際にどのくらいの効果があったのか事例をご紹介します。これは高校3年生の生徒のデータで、入会前の勉強時間は平日で1.5時間、つまり宿題程度しかしていませんでした。1週間の合計も10時間程度です。

この子は志望校が立命館大学ということで、今のままではとても届かないと話しました。そこでStudyplusに毎日記録をつけてもらい、面談も繰り返しました。面談では学習時間だけではなく、科目のバランスもチェックしました。ここをきちんと見ることで、成績アップや現役合格に繋がっていると思います。
20200713東セミ吉永先生Award登壇資料-14

この生徒にも学習記録入力と面談を重ね、今では平日の平均が6時間、1週間で約50時間も勉強しています。そして先日、共通テストの模試で一気に成績が上がりB判定が出ました。本人が泣きながら私に見せてくれたので、すごく嬉しかったのだと思います。

この生徒に対して、私が何かを教えたとか、魔法のような指導したとか、そういうことはありません。Studyplusを入力してもらったことで「先生にちゃんと見てもらっている」と思ってもらえたことが大きいのだと思います。
20200713東セミ吉永先生Award登壇資料-15

私の仕事は、導入前に比べて効率的になりました。以前は教室を歩き回ってコミュニケーションをとる必要がありましたが、今は時間になったらStudyplus for Schoolを見て、足りてないところをピンポイントで指導するだけです。

スーパーサブとしてのStudyplus for School

20200713東セミ吉永先生Award登壇資料-17

最後に、今後の塾の展望についてです。今やStudyplus for Schoolはなくてはならないツールで、新規の高校生が来ると面談の時に必ず見てもらっています。またうちではStudyplusと他のツールを組み合わせていて、言うなればスーパーサブというイメージです。他塾さんでも、Studyplus for Schoolと何かを組み合わせることで、すごくいい成果が出るのではないでしょうか。

今は別の指導体系の塾さんでも、この形で上手くいけると思います。もともと当塾も高校生には1対3の個別指導をしていたのですが、社長から「高校生にはICTでいこう」という提案がありました。そこでティーチングに関してはatama plusを導入して、自分たちはコーチングをするようにしたという経緯があるのです。

個別指導の頃と比べるとコミュニケーションが減ってそこがすごく不安な点だったのですが、Studyplus for Schoolがちょうどその部分を埋めてくれたと思います。保護者からも不安の声は上がっていたのですが、しっかり話し合いを重ねて納得していただきました。

現状、Studyplus for School、受験コンパス、atama plusという3つで上手く回っているので、これからもこの形で展開していく予定です。11月には東セミ大学受験専門館をオープンする予定なのですが、そこでもStudyplus for Schoolは使っていきます。今後とも、たくさん活用していきたいと思っています。

***
Studyplus for Schoolについて資料請求はこちら、製品についてのお問い合わせはこちらをご覧ください。 

この記事が参加している募集

イベントレポ

EdTechといえば?(「Studyplus!」)
4
学習塾のコミュニケーションを変える。わたしたちは、生徒の学習状況を可視化し、褒める機会を最大化します。 https://for-school.studyplus.co.jp/ https://www.facebook.com/Studyplus.for.School/

こちらでもピックアップされています

Studyplus for School Award
Studyplus for School Award
  • 12本

Studyplus for School Award 2020とは、少子化・採用難・地域格差という社会課題が広がる中で、未来の教育の在り方・先生の新しい働き方に果敢に挑戦する教育機関を表彰するものです。「高校生部門」「小・中学生部門」「スタートアップ部門」「学校部門」の合計4部門45教室を選出いたしました。オンラインイベントでは、受賞校様に導入きっかけや活用法などをご講演いただいております。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。