見出し画像

「所要時間や時間配分は面談の目的次第。適切な面談を行うための仕組みをお聞きしました。」今週の学び#28

Studyplus for Schoolのメンバーが、学習管理、自立学習、コミュニケーションに関する事例や気づきをTwitterで毎日更新中!noteでは、1週間の活動をダイジェストで振り返ります。

金曜担当の澤田がお送りいたします!

4月23日

色々な塾さんとお話していると、「面談」の目的は本当にそれぞれです。
私が担当させていただいている塾さんでは、5分で面談をやられているところもあります。一方で、導入塾さんの中には50分がっつり面談をされるところもあります。

面談をより効率的に行い、時間を短縮するためには、生徒さんの学習状況の把握を事前に済ませることが大切ですし、面談でより深く生徒さんのことを理解するためには、生徒さんの学習の状況やメンタル面を、スタッフの皆さんで共有しておくことが大切だと思います。

そんな「より効率的に」「より深く」を、Studyplus for Schoolでサポートできたらと思っています。


面談の形態やその狙いは塾によって異なるとのこと。短時間での面談は効率化に繋がりますし、逆に長時間での面談は生徒さんとの距離を深め、メンタルを補強したり…などどちらの面談の形態でも生み出す効果はある様ですね!

Studyplus for Schoolは先生方と生徒さんのコミュニケーション面でのサポートだけでなく先生方の作業や情報共有の効率化など、活用すればするほど皆様をサポートできるツールですので、今後もご活用くださいませ!

カスタマーサクセスメンバーは、お客様との関わりを通して、学習管理、自立学習、コミュニケーションに関するノウハウを日々蓄積しています。

Studyplus for Schoolメンバーによる学びを、引き続きお楽しみに。

Studyplus for Schoolはこちら。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

大吉!いいことあるよ!

Studyplus for School

学習塾のコミュニケーションを変える。わたしたちは、生徒の学習状況を可視化し、褒める機会を最大化します。 https://for-school.studyplus.co.jp/ https://www.facebook.com/Studyplus.for.School/

今週の学び

CXプランナーの日々の学びを、月〜金まで毎日配信しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。