見出し画像

個別指導塾が描く、人を成長させるための仕組みづくり Customer Story #13|阿部塾


Studyplus for Schoolを導入いただいた先生方に、お話を伺うコーナー。第13回にご登場いただくのは、阿部塾で代表を務める阿部一彦さん。

学生時代から現在に到る18年間で、個人塾・大手学習塾など多様な講師経験をお持ちです。今回は阿部塾の設立背景や大切にしていることや、導入してからの変化、塾内で運用している仕組みについてお話を伺います。


ー本日はよろしくお願いします。まず、この塾はどういった背景で設立されたのですか?

私は大学を卒業してからずっと塾の先生をしています。初めの4年間は江戸川区の塾で、その後神奈川の大手の学習塾に10年ほど勤めました。合計約14年間やっていく中で、自分でやりたいなということは考えていました。

そんな中で、体調不良になったり、これでは自分のやりたいことができないと思うことも多く、集団授業の塾をやめることを決意しました。

まず塾をやめてからは、プライベートジムに通い始めたんです。3ヶ月で24キロくらい痩せました。今うちの塾を1対1の個別指導でやっているのは、この時プライベートジムに通って、1対1でやるというのはこれほどすごいのか、これは塾に生かしたい、と感じられたのがきっかけです。


画像1

ー1対1に可能性を感じて個別指導の塾を始められたということでしたが、集団授業の塾に10年間勤められる中で、何か課題意識はお持ちでしたか?

一番大きいのは、1人が見ている人数がとても多くて管理しきれず、できない子や脱落してしまう子を見逃してしまうところじゃないでしょうか。

私がいた塾は、1学年だいたい100名で、1クラスが30名前後いました。ですので、頑張って生徒の状況をわかるように努力はしていましたが、今考えると正直生徒一人ひとりのことをわかるかと言われたらうなづけない状態だったと思います。

例えば、宿題チェック一つとっても本当に大変でした。授業時間が40分なので、宿題チェックに取れるのはせいぜい5分程度。そんな短時間に30名分を見るとなると、パッと見てサインしておしまいなんですよね。中には、「これは答えの丸写しだなあ」と思うものもあるんですけど、今日は仕方ない、注意するのをやめよう!と許すときもありましたね。

もちろん集団授業は楽しいんですけれども、言ったことをしっかりやる、出来なかったらどう改善するのかというのを徹底してやらせないといけない、というのは常々思っていたところです。

結局、生徒の出来ないところをしっかり理解して、対策を考えられないと絶対に勉強はできるようにはなりません。いわゆるPDCAですね。

ですから、出来ないところをどう改善していくのか、という考えをさせてあげられるような塾にしていきたいですよね。

ーそれを全ての生徒さんに徹底するというのは、体制上厳しかったんですね。


画像2


ー今塾をやられる中で大切にされているのはそういったところですか?

そうですね。集団授業の時は「楽しくて、わかりやすい授業」を目指していましたが、今は「人の成長」を一番大切にして、塾をやっています。生徒だけでなく、保護者も、スタッフもそうですね。ここがみんなにとって成長できる場であれば潰れることはないでしょうし、お金を払ってでも来たいと思ってもらえると思います。ですので、保護者の方を注意することもあります。

生徒に対しては、答えを教えないでやり方を教えるということを意識しています。

ー生徒さんには、具体的にどんな指導をされていますか?


面談で計画を立てて宿題を出しても、実行できない子が結構多いんですよね。私たちはそういう子たちが実行できるようになるために存在すると思っているので、まずは塾に来る日を約束して、塾に来てもらうようにしています。

もしくは、宿題はやっているんだけど、テストの点数が取れないという子もいます。そういう子たちに対しては、宿題の中身をチェックして、勉強の仕方を指導しています。単語の練習とかですと、頭ごなしに一日何百回も練習する子もやっぱり多いです。それでは意味がないので、生徒それぞれにあうより良い勉強の方法を伝えています。

実際、個別のこの塾を開いて、「ああ生徒とこんなに深く付き合うんだ」「子供たちの思考はこんな風になっているんだ」という驚きが本当に大きかったです。

関わり方が変わったことによって、生徒の思考回路が鮮明に見えるようになりました。


画像3



ーそういった、生徒に寄り添いPDCAのサポートを大切にされている中で、2017年8月にStudyplus for Schoolを導入いただきましたよね。


そうですね。Studyplus for Schoolを導入するまでは本当に大変でしたね。生徒に寄り添うことを大切にしたいという一方で、全員に対してそうやって深く関わるというのはとても難しいです。

ーコミュニケーションに課題感を持っていらした、ということですね?

特に、高校生とのコミュニケーションに課題意識があったことが導入した背景にあります。

うちの塾は集団授業ではなく1対1の形態をとっているので、授業ではそれぞれの担当の先生が生徒をしっかり見ることができます。授業を担当している先生以外に、わたしとチューター2人で自習に来ている子の対応をしているんですけれども、約30人自習している子がいるとなると、毎回全員と深いコミュニケーションをするというのはなかなか難しいですよね。

当時、高校生は人数が少なく自分たちでちゃんと勉強ができてしまうので、たくさん質問してくる中学生に比べて、手をかけなくなってしまう状況がありました。

ーそこを解決するための、Studyplus for Schoolの導入だったのですね。

そうです。「この状態はよくない。なんとかコミュニケーションを増やす方法はないか。」と思っていたところで、Studyplus for Schoolの存在を知りました。

たまたまユニバースクールさんの記事(編集部注:導入校:学習塾ユニバースクール)がツイッターで流れて来て、同じ川崎市ということで親近感も湧いてStudyplus for Schoolのイベントに参加し、導入を決めました。
導入の決め手となったのはもう一つ理由があります。

ーなんだったのでしょう?

新コースの設立です。

導入当時、生徒の半数以上が中3生・高3生でした。ですので、彼らが卒業すると生徒がごっそりいなくなってしまう状況でした。

そこで、中3生をいかに継続させるかというのが大事になるのですが、当時の中3が高1に上がるとき、そのまま継続した生徒が0名だったんですよね。これは何か手を打たねば!ということで、中3生(新高1生)対象の自立学習コースの新設を検討していました。

この自立学習型の新コースは、Studyplus for Schoolを活用しつつ、毎週1回面談を行い、そこで勉強の状況をお話するというスタイルになっています。値段は通常の料金よりも低く設定し、高1では元の金額は出せないけれども、その金額なら出せるということで、昨年の生徒の半分くらいが継続して続けたいと言ってくれました。


画像4



ー導入一年目は、Studyplus for Schoolをどんな風に使っていただいていましたか?


週一回面談をするようになりました。アナリティクス機能を使って1週間の勉強の内容の出来を確認して、来週の目標を決めてカルテに記入するようにしていましたね。

Studyplus for Schoolを導入してからは、今まで1時間かかっていた面談を30分に縮められるようになりました。

それから、メッセージ機能を使って、毎日高校生全員にメッセージを送っていましたね。

ー課題として持たれていた、高校生とのコミュニケーション不足に対しては変化はありましたか?

とても変わりましたね。メッセージ機能が非常にありがたかったです。

それまでは、高校生はもう子供ではないので、「これを言っちゃダメだな。あれを言っちゃダメだな。」と結構気を遣ってしまって、話していなかったことがたくさんありました。でも、Studyplus for Schoolを導入するにあたって、導入校のみなさんのお話を聞き、もっとたくさんコミュニケーションを取らなければダメだなと実感しまして。何でもいいからとにかくたくさん話をしようと、心がけるようになりました。

メッセージを送るようになって、生徒と喋る機会も増えましたし、本当にやってよかったなと。

ー最初から、とても熱心に使ってくださっていましたよね!

ー導入初期に比べて、Studyplus for Schoolの使い方に変化はありましたか?

Studyplus for Schoolを導入してからは、それまで1時間かかっていた面談を30分に縮められるようになったのですが、来年からは、さらに短く20分間に変えようと考えています。

それから、授業と面談をそれぞれ違う時間で設けているのですが、今年からは面談担当の先生をつけるようにしています。その先生が時間を決め、生徒はその時間に必ず塾に来て、今週何を勉強したかの進捗状況をチェックするという形です。

ー20分!どんどん面談時間を短くすることができていっているのですね!面談の内容は変わらない形でやっているのですか?

そうですね!まず1週間の勉強の内容と記録をStudyplusにつけているかを確認して、つけていなかったらその場でつけてもらうようにしています。それから勉強の中身を確認して、出来として解いた問題に8割9割の丸が付いてるかどうかをチェックしています。「とりあえずやる」ではなく「できるまでやる」というのが大事だと思いますので、まずは量はちょっとでもいいから満点とってきなさいという話をしています。

さらに学習内容をテストし、できていなかったら再テスト。合格したら次の週の学習内容を決めています。

ー生徒のPDCAを回すための仕組み作りに、徹底的に取り組まれているのですね!

ー他にも何か取り組まれていることはありますか?

集団授業の指導方法のひとつで、生徒同士の「学び合い」に挑戦しています。

本当に学んだ状態になっているならば、ラーニングピラミッドでいう一番下の「他の人に教える」ことができるようになっているはずです。ですので、勉強ができる子ができない子に教えてあげられるようにすること。そしてできない子は、勉強できる子に声をかけて教えてもらうようにすることを意識してもらうように伝えています。

人間というのは、誰かに助けてもらい協力し合わないと生きていけるものではありません。誰かに助けてと言える人間、助けることができる人間にになろうという話をしています。

このように様々な工夫をした結果、生徒の成績が非常にアップしまして、生徒もたくさん増えました。うちの塾の許容量は50名ほどですが、ありがたいことにもう定員に達しました。

ーStudyplus以外にも画期的な取り組みを積み重ねていった結果、生徒数も順調に増えていったのですね。

そうですね。これからも新しい取り組みは続けていきたいと思います。
Studyplus for Schoolを導入してからは、イベントにも参加させていただいて、とても刺激を受けているんです。イベントに行くと、毎回いろんな人たちと繋がれるんですよね。その点に期待をおいているところは大きいなとは思っています。やる気ある先生すごく多くて、そういう人たちに出会えるのはいいところですね。


画像5

ー色々な変化をお話いただきました。最後に、阿部塾としての今後の展望をお聞かせください。

そうですね。

今、うちにいるスタッフは、阿部塾だから働いてくれているという人が多くて、半分くらいが私の教え子なんですよね。遠い子ですと千葉から来てくれています。彼らは、阿部塾が大きくなることをすごく喜んでくれるので、その期待には応えたいというのは私自身が考えることです。

ですが、店舗展開というのは私の望むところではないので、この塾を通して町おこしをできるくらい大きくなれればいいかなと考えています。

2年くらい前に陰山英男先生という有名な教育者の方にお会いする機会がありまして、「塾で町おこしをするんだ」ということをお話されていて非常に感心しました。いわゆる人口減少してしまっているような町は、小中学校でしっかりとした教育がなされていないという場合もあるようです。

周りの地域を見てみても、公立の小中学校でちょっと騒がしいクラスがあると耳にします。教育を通じて学校が落ち着き、そして街を盛り上げていける塾になっていければと思います。

ここ半年で、愛知県の塾の先生が作成した英語教材を田原市公立小学校が導入をしていたり、川崎市の塾の先生が作成した教材で、その塾の先生が公立高校がイベントを行ったり、しているのを直接授業を見て、塾の先生ができることはまだまだたくさんあるなと実感しております。
まだまだ、やれることはたくさんあります。

まずは、地域NO1を目指して、いろんなことにチャレンジをしていきたいですね。

ー本日は貴重なお話をありがとうございました!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

学習支援といえば?(「Studyplus!」)
3

Studyplus for School

学習塾のコミュニケーションを変える。わたしたちは、生徒の学習状況を可視化し、褒める機会を最大化します。 https://for-school.studyplus.co.jp/ https://www.facebook.com/Studyplus.for.School/

Customer Story

Studyplus for Schoolを導入されているお客様の事例をご紹介します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。