「自分たちにできることは何か。スタプラメンバー達の日々の様子をお伝えします。」今週の学び#91

Studyplus for Schoolのメンバーが、学習管理、自立学習、コミュニケーションに関する事例や気づきをTwitterで毎日更新中!noteでは、1週間の活動をダイジェストで振り返ります。

金曜担当の澤田がお送りします!

7月30日

170を超える校舎がエントリーしてくださっている、S-1グランプリ。
共通して先生方が言ってくださるのは、
「夏休みは長丁場だからこそ、全国の見えないライバルの存在が生徒たちを鼓舞してくれる」
「週単位での発表にすることで、塾内でも生徒同士のライバル関係がうまれた」ということ!
生徒のみなさんがいい夏にできるように、私たちも引き続き応援していきます!

****************

Studyplus for Schoolでは、さまざまな記事をnoteから配信しています!
導入塾のみなさんへのインタビューや、Studyplus for School開発の裏側、メンバーへのインタビュー。宮坂のブログもそのひとつです!
noteでは読者登録をすることができますので、ぜひお見逃しなくご覧ください…!

読者登録はこちらから!
下記のように、「フォロー」を押していただくだけで登録完了です!

8月1日

宮坂もよくいっていますが、弊社では「Fail Forward : 失敗を恐れず挑戦しよう」という文化があります。そんな文化もあり、そしてStudyplus for Schoolチームの想いの強さもあり、メンバーはいつも「自分たちに何ができるか」を考え続け行動しつづけています。
私は新卒でこの会社に入ったのですが、そんな仕事への姿勢からも、このチームに入ってよかったと実感する日々です!

ツールの提供だけではなく、提供した後、たくさんご活用いただけてこそのStudyplus for School。だからこそ、「どうすればお客様が喜んでもらえるか」という姿勢だからこそ生まれてくる「自分たちに何ができるか」という考えのもと、日々行動しています。今後も、この熱いチームから生まれてくるStudyplus for Schoolならではのサービスにご期待ください!

CXプランナーメンバーは、お客様との関わりを通して、学習管理、自立学習、コミュニケーションに関するノウハウを日々蓄積しています。

Studyplus for Schoolメンバーによる学びを、引き続きお楽しみに。

Studyplus for Schoolはこちら。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

EdTechといえば?(「Studyplus!」)

Studyplus for School

学習塾のコミュニケーションを変える。わたしたちは、生徒の学習状況を可視化し、褒める機会を最大化します。 https://for-school.studyplus.co.jp/ https://www.facebook.com/Studyplus.for.School/

今週の学び

CXプランナーの日々の学びを、月〜金まで毎日配信しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。