マガジンのカバー画像

Studyplus for Schoolプロダクト通信

4
Stduyplus for Schoolの開発をしているエンジニアメンバーが、開発での取り組みや、不具合などの改善報告をお伝えしていきます。
運営しているクリエイター

#StudyplusforSchool

Studyplus for Schoolの日々の開発についてをお伝えする新マガジン「Studyplus for Schoolプロダクト通信」が始まります!

いつもStudyplus for Schoolをご活用いただきありがとうございます。Studyplus for Schoolのエンジニアをしております、石上です。 本日からこのnoteで、Studyplus for Schoolプロダクト通信というマガジンが始まります!まず、今回の投稿ではこのマガジンについて簡単に紹介させてください。 Studyplus for Schoolプロダクト通信について これまでも機能リリースなどについてはRelease Information

スキ
5

【カイゼンのお知らせ💡】メッセージ入力の際に1文字目で確定されてしまう不具合を修正しました !

いつもStudyplus for Schoolをご活用いただきありがとうございます。Studyplus for Schoolプロダクトチームから不具合修正のお知らせです。 今回のアップデート内容メッセージ入力の際に1文字目で確定されてしまう不具合を修正しました。 改善までの経緯 導入塾さまからのお問い合わせで、このような挙動になっていることがわかりました。障害というほどではないものの、メッセージ画面はご利用頻度の高い重要な機能ですので、優先度を上げて修正の対応をしました。

スキ
2

リリース前の不具合チェックを自動化!スモークテスト用のツール(Lambdatest)を導入しました

こんにちは。Studyplus for Schoolのエンジニアをしております、石上です。 今回は、エンジニアが日々行っている技術改善についてお伝えします。なるべくわかりやすく書いていきたいと思っております。 今日は、スモークテストの導入について紹介いたします。 テストとは 機能を開発してからリリースするまでの間に、我々は「テスト」という工程を行います。これはその機能が正常に動作するかどうか、あるいはその機能によって他の機能が不具合を起こさないか、を確認する工程です。

スキ
2