Customer Story

22
ノート

小中学生から塾のコンセプトを理解し、高校進学してからは塾の雰囲気を作り出す(前編) Customer Story#22|進学塾SOIL

Studyplus for schoolを導入いただいた先生方にお話を伺うコーナー。今回は自立をコンセプトとした塾として、小学生から高校生までを指導している進学塾SOILの、村東先生にお話を伺いました。

村東先生が大切にしている「自立」という考え方、実は生徒たちに理解してもらうのは簡単ではありませんでした。塾の雰囲気やコミュニケーションを通してどんなふうに今の形を確立していったのかをお聞きします

もっとみる

勉強記録を入力する意義を伝え、少しずつ生徒の意識を改革していく Customer Story#21|蔵本学舎

Studyplus for Schoolを導入いただいた先生方に、お話を伺うコーナー。今回ご登場いただくのは、蔵本学舎の蔵本先生。蔵本学舎は、大分県内でも人口の少ない地域にある自立型少人数制個別指導塾です。大都市と比べると勉強意欲が少ない生徒も多い地域で、いったいどのように塾を運営しているのか。Studyplus for Schoolの導入経緯や効果なども含め、お話を伺いました。

―蔵本学舎さん

もっとみる

質・量ともに高いリアルコミュニケーションを支えるオンラインコミュニケーション(前編) #Customer Story17|ユニバースクール

Studyplus for Schoolを導入いただいた先生方に、お話を伺うコーナー。今回は川崎市のユニバースクールさんの代表である湯浅先生と、もともと生徒として通っており今はユニバースクールの講師として活躍している桑野さんにお話を伺いました。

大手の集団授業塾の講師をしていた経験から「ICTの活用が必要だ」と気が付き、より効率化された授業を実現。Studyplus for Schoolを使って

もっとみる

効率性を追求したカリキュラムを組み、Studyplus for Schoolを活かした適切な学習管理を実現(後編)Customer Story#20|学習塾STRUX

生徒の成績を上げ、合格へと導くためには授業だけではなく自主学習のサポートが重要。こうした思いから、生徒と先生の関係を「生徒とトレーナー」として落とし込み、勉強計画や進捗管理を行っている一風変わった塾があります。それが、学習塾STRUXです。

生徒が何をどんなふうに勉強すればいいのか、モチベーションをどう保てばいいのか、そしてなぜStudyplus for Schoolを導入したのか。前回に引き続

もっとみる

トレーナーが養う「ゴールから逆算す力」と「モチベーションを保つ挑戦力」とは?(前編)Customer Story#19|学習塾STRUX

生徒の成績を上げ、合格へと導くためには授業だけではなく自主学習のサポートが重要。こうした思いから、生徒と先生の関係を「生徒とトレーナー」として落とし込み、勉強計画や進捗管理を行っている一風変わった塾があります。それが、学習塾STRUXです。

生徒が何をどんなふうに勉強すればいいのか、モチベーションをどう保てばいいのか、そしてなぜStudyplus for Schoolを導入したのか。塾長の綱島先

もっとみる

生徒が自立したチームを組み、スタプラでお互いモチベーションを上げていく(後編)Customer Story♯18|ユニバースクール

Studyplus for Schoolを導入いただいた先生方に、お話を伺うコーナー。前回に引き続き、川崎市のユニバースクールさんの代表である湯浅先生と、もともと生徒として通っており今はユニバースクールの講師として活躍している桑野さんにお話を伺いました。

ユニバースクールさんでは学年ごとにチームを作っているそう。そのチームの中で、Studyplus for Schoolがいったいどのように活用さ

もっとみる

スタプラの導入からはじまった、塾同士の協力関係(後編)Customer Story#16|ラボ寺子屋

Studyplus for schoolを導入いただいた先生方にお話を伺うコーナー。今回は塾を「教育サービス業」ととらえ、勉強を教えたり学習を習慣化させたりするだけでなく、人格形成まで指導しているラボ寺子屋を尋ねました。色々なツールを活用している塾ですが、Studyplus for Schoolも2年以上ご利用いただいています。

ラボ寺子屋はどんな理念を持ち、どのように運営され、課題をどうやって

もっとみる

業務効率化でワンオペ問題を解消、新たに生まれた余裕で塾の新しい可能性が広がる(前編)Customer Story#15|ラボ寺子屋

Studyplus for schoolを導入いただいた先生方にお話を伺うコーナー。今回は塾を「教育サービス業」ととらえ、勉強を教えたり学習を習慣化させたりするだけでなく、人格形成まで指導しているラボ寺子屋さんを尋ねました。色々なツールを活用している塾ですが、Studyplus for Schoolも2年以上ご利用いただいています。

ラボ寺子屋はどんな理念を持ち、どのように運営され、課題をどうや

もっとみる

Studyplus for Schoolでエビデンスを明確化した生徒指導を実現、生徒との会話もより具体的に変化 Customer Story#14|アビリティ

Studyplus for Schoolを導入いただいた先生方に、お話を伺うコーナー。今回ご登場いただくのは、アビリティの佐藤朋幸塾長と金子貴栄高校部サファリ副教室長のお二人。

子どもはみんなダイヤの原石で、その輝きを引き出すという理念を掲げたアビリティで、Studyplus for Schoolはどんなふうに使われているのか、お伺いします。

ーーまずは、アビリティさんがどのような形態で塾をや

もっとみる

教室長自らがコミュニケーションを生み出す声かけの作法(後編) Customer Story#12|熱き情熱コーポレーション

Studyplus for Schoolを導入いただいた先生方に、お話を伺うコーナー。第12回は、九州で13校舎を運営する株式会社熱き情熱コーポレーションの後編です。

宮崎青葉町教室で教室長を務める吉永秀海先生と、宮崎大宮教室で同じく教室長を務める染矢結希先生(以下敬称略)の2名に、お話を伺っています。

※前編は、「スタプラで語れるきっかけを生み出す。生徒の定着率向上のワケ(前編)#Custo

もっとみる